冬の北海道内引越し必須アイテム

春の引越しシーズンに鉢合わせしないように、北海道内で引越しをされる方や本州から道内に越してこられる方も多いです。 しかし、1~3月の間は札幌市内でも雪が積もっている場所も見られ、初めての北海道生活に戸惑う方も少なくないようです。 こちらでは特に寒い時期に道内へ引越しをされる際、便利な必須アイテムをご紹介します。

スタッドレスタイヤ

北海道は日常的なお買い物で自動車を使用する機会も多いです。 特に積雪が多い時期は、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンなど雪道走行をサポートするアイテムが当然必要になります。 札幌市内などの都市部は除雪作業が小まめに行われ、道路や駐車場によってはロードウォーミング設備が整っている場所もあります。 しかし、路面が滑りやすいという点では雪道同様に注意が必要なので、北海道内へ引越しをされる際は自動車の滑り止め対策を念入りに済ませておくと安心です。

防寒服

引越しして間もない頃は日用品など、様々なものを買い足す時期です。 色々な場所にお買い物に出かけるなど、引越し後は特に外出機会が増えるのではないでしょうか。 もし、北海道内への引越しをお考えでしたら、防寒着は引越し前に揃えておく方が無難です。 特に冬場は外出先の転倒防止を考えて、雪道での滑り止めがついた靴をまず揃えておきましょう。 即日引越しなど時間に余裕が無い場合など、お気に入りの靴に滑り止めをつけてくれるサービスをしている靴屋さんも多いです。

屋内暖房用の燃料

北海道と言えば寒いというイメージがあると思いますが、その分だけ屋内の暖房設備は個人住宅でも充実しています。 真冬でも屋内ならば20~25度と快適な温度で過ごすことができます。 電気ストーブは基本的にランニングコストが高いため、冬場の光熱費用を格安にしてくれるガスストーブや灯油ストーブが一般的です。 冬の寒さを凌ぐライフラインでもあるので、入居後すぐに使用できるように燃料はあらかじめ準備しておきましょう。

赤帽札幌ピジョンはスムーズな北海道内への引越しをサポートする赤帽引越し業者です。 時間的な余裕が無い中での急な引越しや単身引越しについてもお気軽にお問い合わせください。